大阪・北摂・亀岡・神戸・京都・和歌山・奈良などで 薪ストーブ,暖炉,ペレットストーブの設置のご相談お持ちしています。

大阪,北摂,亀岡,和歌山,奈良界隈で薪ストーブやペレットなら『KAGURA』

 072-728-5597

施工地域:兵庫,神戸,芦屋,猪名川,三田,枚方,大阪,京都,奈良,滋賀,高槻,京田辺,亀岡,南大阪,堺,和歌山など近畿一円

運営会社:ケイジェイワークス

相談してみる

来店予約もできます

よくある質問

今、新築・建替え、リフォームを検討中です

2018年6月8日

今、新築・建替え、リフォームを検討中ですが、薪ストーブの設置だけお願いはできますか ? というお問合せが年々増えています。
答えは「ハイ」薪ストーブだけの設置も承っていますとご返事しています。

そして平面図、立面図ができたら、再度連絡くださいとお伝えしています。
または、ご来店時に平面図、立面図などをご持参いただき、お見積りを提示させていただきます。
ご予算的に大丈夫のようでしたら、ご契約をお願いしています。

その後、他社様の担当の方(設計又は工事担当)と詳細内容を確認後、設置工事の段取りしますが、薪ストーブの煙突を抜く方法についてお尋ねすると、大概は「壁抜き煙突」になります。

なので、今日は「壁抜き煙突の下準備工事の事例」をご紹介します。

壁抜き煙突の下準備工事例

①.大工工事で仕上げた内装下地材(石膏ボード)を煙突の高さに合わせて、420角に開口します。

②.綺麗に420角で開口できました。今回は木造でも壁厚さが600mmもあります。

③.開口部に不燃材の「メガネ石」を壁の中に入れます。丸穴に煙突が入ります。

他社様で建築及びリフォームを計画、弊社でストーブを設置する場合は !?

ポイント

設計事務所様や住宅会社様の担当者さんに家づくりのご要望をお伝えするときに、必ず「薪ストーブ・ペレットストーブ」を設置希望とお伝えください。

特にハウスメーカー様で建築をする場合は、建築確認申請・検査における申請者の負担を軽減する型式適合認定を取得しているケースが多いので、間取りが決まる前の段階で担当者の方にお話しておきましょう。

 

  • この記事を書いた人

KJ WORKS 森 和久

薪ストーブのお店『KAGURA』のスタッフです。運営会社のケイジェイワークスでは、土地探しや中古住宅探しからお家の新築やリフォームなどのご提案も承っています。

-よくある質問

Copyright© 大阪,北摂,亀岡,和歌山,奈良界隈で薪ストーブやペレットなら『KAGURA』 , 2019 All Rights Reserved.