大阪・北摂・亀岡・神戸・京都・和歌山・奈良などで 薪ストーブ,暖炉,ペレットストーブの設置のご相談お持ちしています。

大阪,北摂,亀岡,和歌山,奈良界隈で薪ストーブやペレットなら『KAGURA』

 072-728-5597

施工地域:兵庫,神戸,芦屋,猪名川,三田,枚方,大阪,京都,奈良,滋賀,高槻,京田辺,亀岡,南大阪,堺,和歌山など近畿一円

運営会社:ケイジェイワークス

相談してみる

来店予約もできます

よくある質問

薪ストーブの暖気の循環を考える

2018年2月24日

薪ストーブシーズン中は店舗内のストーブに火が入っているので、週末にもなると大勢の方にストーブの温かさや炎の美しさを体験いただいています。

◆シーリングファンをつける
◆暖気の流れをつくる

上の図は薪ストーブを配置したときの空気の循環を考える工夫ですが、お客さんからは、①.薪ストーブ、ペレットストーブを二階に置いて、一階の部屋に暖気を運ぶ方法ってありますか ? ②.吹き抜けはありませんが、薪ストーブを一階に置いて、二階の部屋に暖気を運ぶ方法ってありますか ? など嬉しい質問を受けることもあります。

私たちは『はい ! あります』とお答えしています。

それと北摂界隈は夏は涼しく、冬場は寒いので、リフォームや新築をご計画のときには『冬の暖房設備』に十分検討いただきたいとお伝えしています。

例えば、新築で検討する場合は、暖房は輻射式がよい、均一に暖めて体感温度を上げる方法がよいです。
家づくりにご予算がありましたら、そよ換気、熱交換ユニットなどを使って薪ストーブとダクト、そしてパイプとのステキな関係をつくる方法が、更に良い方法です。

ぜひ、薪ストーブシーズン中にご来店いただき、確かめてください !

  • この記事を書いた人

KJ WORKS 森 和久

薪ストーブのお店『KAGURA』のスタッフです。運営会社のケイジェイワークスでは、土地探しや中古住宅探しからお家の新築やリフォームなどのご提案も承っています。

-よくある質問

Copyright© 大阪,北摂,亀岡,和歌山,奈良界隈で薪ストーブやペレットなら『KAGURA』 , 2019 All Rights Reserved.