大阪・薪ストーブのお店『KAGURA』は一戸建て・店舗用の薪ストーブ・暖炉・ペレットストーブを提案

大阪で薪ストーブ・暖炉・ペレットストーブなら『KAGURA(かぐら)』まで

施工地域:兵庫,神戸,芦屋,猪名川,三田,枚方,大阪,京都,奈良,滋賀,高槻,京田辺,亀岡,南大阪,堺,和歌山など近畿一円

相談してみる

来店予約もできます

ペレットストーブのある暮らし 施工事例/新築・リフォーム

ハーマンペレットストーブ XXV 設置しました。

投稿日:2017年12月9日 更新日:

ペレットストーブ XXV

ストーブ本体には、反射ガラスが使われてるので、写真写りが悪いですが、実際の火は美しいです。炉内温度は200度もあります。

本日、交野市でハーマンペレットストーブ XXVを設置をしました。
排気筒は、ペレットストーブの排気筒ではなく、薪ストーブ煙突 150㍉ を使ってみました。
給気排気方法は、FE仕様を採用しています。
輸入元は、薪ストーブのトッププランドで有名なダッチウエストさんです。
設置は西日本初かと・・・です。

ペレットストーブの後ろです。上部丸穴が温度センサーの接続口で、ストーブ中心の下にある口元が排気口です。給気は排気口から見て右上です。本体下側から空気が入る仕組みになっています。

150㍉の薪ストーブ煙突を使えるように、オプションで専用のレジューサ ーが用意されています。

設置、トリセツをして・・・

薪ストーブを思わせるような、鋳鉄の重厚感とデザイン、長時間燃焼が魅力です。
このあたりは、国産ペレットストーブメーカーも真似て欲しいです。
暖房能力は、温風吹き出しに加え輻射熱も発生しますので、充分な暖房量力でお部屋を暖めてくれるでしょう。

他社のペレットストーブとは燃料の供給方法が違います。

よくあるペレットストーブは、炉内にある燃焼ポットに、ペレット燃料を上部より落下させるタイプが多いですが、ハーマン社のペレットストーブはペレットを送り出す方式になっています。
またペレットの種類(ホワイト・全木・バーク)を選ばず使用できるので、お財布にも優しいです。

燃焼方法には、本体温度運転と室温運転の2つの燃焼方式があります。
室温運転では、設定温度に達すると自動的に消火、室温が下がると自動で運転と優れた機能も搭載しています。

その他薪ストーブのように手動着火もできるようです。
国産ペレットストーブにある「タイマー機能はありません」が、操作性は要らぬ機能がないので簡単です。
給排気システムは建物構造や断熱気密仕様によって、FE仕様・FF仕様と対応可能です。

詳しくは、ハーマンペレットストーブのホームページをで確認ください。

また、新しい"火のある暮らし"の選択枠が増えました !
M様、ご縁いただき、ありがとうございます。

薪ストーブのお店 KAGURA

  • この記事を書いた人

KJ WORKS 森 和久

薪ストーブのお店『KAGURA』のスタッフです。KJWORKSでは土地探しや中古住宅探しから木の家の暮らしをサポートしています。

-ペレットストーブのある暮らし, 施工事例/新築・リフォーム

Copyright© 大阪で薪ストーブ・暖炉・ペレットストーブなら『KAGURA(かぐら)』まで , 2018 All Rights Reserved.